梅小路蒸気機関車館 

d0040717_15211250.jpg

d0040717_15224523.jpg
d0040717_15222448.jpg

d0040717_15230297.jpg

京都駅から西へ1・5kに今も扇形車庫や転車台などの施設及び付随する線路、梅小路運転区が
記念館がある、施設の中央に位置している転車台(ターンテーブル)は太平洋戦争期間中に原子
爆弾の投下目標になっていたが(長崎・変更)!!。

日本の鉄道開業100周年を記念して京都市下京区にある梅小路機関区の扇形庫を活用して開設

された。

施設は、旧梅小路機関区の扇形庫及び転車台を活用した「蒸気機関車展示館」と、旧二条駅舎を
移築・復元した「資料展示館」からなる
旧二条駅舎は、1904年(明治37年)に京都鉄道が本社社屋を兼ねて建設した日本現存最古の木造
2階建和風駅舎で、景観に配慮しながら平安神宮を模して造られた京都市有形文化財に指定歴史
は古く、1876(明治9)年、京阪神間開通時にさきだって「京都機関庫」として京都駅の北西に開設
されたのがはじまりです。
扇形庫は1914年(大正3年)に建設された鉄筋コンクリート造で、2004年(平成16年)12月10日に
5t電動天井クレーン(1915年(大正4年)完成)、引き込み線とともに国の重要文化財指定ならび
に土木学会選奨土木遺産に選奨された



[PR]
# by ryukaze | 2018-02-20 15:42 | 旅行地域

梅小路蒸気機関車館 

d0040717_10530220.jpg


d0040717_10534440.jpg


d0040717_10541110.jpg


d0040717_10553595.jpg


当館の動態保存蒸気機関車はC62形C61形C57形C56形D51形8620形 B20形の7両があり
山口線で運転しているC57形とC56形式を除くC62形、C61形、D51形、8620形は、順番に当館の
展示運転線でSLスチーム号として運転


[PR]
# by ryukaze | 2018-02-19 11:05 | 京都

梅小路蒸気機関車館/

d0040717_11471544.jpg
d0040717_11482044.jpg

d0040717_11485342.jpg
日本最大の京都鉄道博物館と初めての市電

[PR]
# by ryukaze | 2018-02-18 12:09 | 京都

梅小路蒸気機関車館/

d0040717_11471544.jpg
d0040717_11482044.jpg

d0040717_11485342.jpg
日本最大の京都鉄道博物館と初めての市電

[PR]
# by ryukaze | 2018-02-18 12:09 | 京都

南禅院

d0040717_20425627.jpg
石川五右衛門南禅寺の桜門から身を乗り出して
「絶景かな、絶景かな・・・・」

石川や浜の真砂子は尽るとも
            世に盗人の種は尽きじ
残念ながら桜門出来たのは江戸時代  
d0040717_20414845.jpg
d0040717_20430950.jpg
明治時代に東(ひがし)京都の発展に対抗して琵琶湖から水を引き 発電所・水道局を建設した
新旧の違和感が溶け込んだ風景

d0040717_20420816.jpg

門前には寂れ行く都を支える為の事業の一環として琵琶湖疏水建設された水路閣が通り左折して少々行けば南禅院にたどり着く、亀山天皇正応2年(1289)離宮で出家して法皇となられ、離宮を寄進して禅寺とし大明国師を開山ここは離宮の遺跡であり、また南禅寺発祥の地。庭園は当時のおもかげを残し、鎌倉時代末の代表的池泉回遊式で、周囲を深い樹林で包まれた幽玄閑寂の中に渇ききった庭に小さな滝の趣は格別である。作庭は亀山法皇とも云われている、上池は曹源池と呼ばれ竜の形に作られ中央に蓬莱島があり、下池には心字島が設けられている京都の三名勝史跡庭園の一つに指定。応仁の乱以後は荒廃していたが、元禄16年(1703年)に桂昌院(徳川5代将軍・徳川綱吉の母)によって再建された。 



[PR]
# by ryukaze | 2018-02-17 14:29 | 京都

南禅院

d0040717_20404103.jpg
亀山天皇正応2年(1289)離宮で出家して法皇となられ、離宮を寄進して
禅寺とし大明国師を開山ここは離宮の遺跡であり、また南禅寺発祥の地。

d0040717_20393370.jpg

d0040717_20390141.jpg

d0040717_20373862.jpg

庭園は当時のおもかげを残し、鎌倉時代末の代表的池泉回遊式で、周囲を深い樹林で包まれた幽
玄閑寂の中に渇ききった庭に小さな滝の趣は格別である。作庭は亀山法皇とも云われている、上
池は曹源池と呼ばれ竜の形に作られ中央に蓬莱島があり、下池には心字島が設けられている京都
の三名勝史跡庭園の一つに指定。
応仁の乱以後は荒廃していたが、元禄16年(1703年)に桂昌院(徳川5代将軍・徳川綱吉の母)に
よって再建された


[PR]
# by ryukaze | 2018-02-15 20:55 | 京都

南禅寺方丈

d0040717_12133847.jpg

d0040717_12170620.jpg


d0040717_12192213.jpg

d0040717_12224389.jpg


南禅寺方丈庭園は小堀遠州作と伝えられ、江戸時代初期の代表的枯山水庭園「虎の子渡の庭」の通称があり、 江戸初期の代表的な枯山水庭園として知られる。「虎の子渡し」虎の子渡しとは何なのか、母虎と3匹の子虎が川を渡ろうする子虎の1匹はどう猛で、母親がいないと他の2匹を食い殺してしまいます。しかしながらその3匹を川の対岸に渡さなければただ1匹ずつしか連れて渡れません。2匹が喰われることなく3匹とも渡すためにはどうすれば良いか,まずどう猛な子を連れて渡ります。そして戻ってきて次の1匹を連れて渡ります。その時、どう猛な子を連れて戻ります。そしてどう猛な子を残し、もう1匹連れて渡ります。今度は母虎1匹で戻り、再びどう猛な子を連れて渡るのです。どんな子にも均しく愛情をそそぐことという教訓が込められています。 一般に禅宗という呼びかたは、坐禅を生命とする宗派の意味であり、臨済宗・黄檗宗・曹洞宗の三宗の総称です。臨済宗・黄檗宗には15の本山があり、南禅寺はそのうちの一つで、南禅寺派の大本山





[PR]
# by ryukaze | 2017-01-09 12:25 | 京都

南禅寺方丈


d0040717_21201289.jpg


d0040717_21203140.jpg


d0040717_21191332.jpg


禅宗という呼びかたは、坐禅を生命とする宗派の意味であり、臨済宗・黄檗宗・曹洞宗の三宗の総称です。

臨済宗・黄檗宗には15の本山があり、南禅寺はそのうちの一つで、南禅寺派の大本山





[PR]
# by ryukaze | 2017-01-07 21:28 | 京都

宇治・平等院

d0040717_2220162.jpg


d0040717_2221030.jpg


d0040717_22215597.jpg


d0040717_22222848.jpg

本尊阿弥陀如来像(国宝)は仏師定朝の確証ある唯一の遺作である



宇治の地は、『源氏物語』の「宇治十帖」の舞台であり、平安時代初期から貴族の別荘が営まれていた。現在の平等院の地は、9世紀末頃、光源氏のモデルとも言われる左大臣である嵯峨源氏源融(みなもと の とおる)が営んだ別荘だったものが宇多天皇に渡り、天皇の孫である源重信を経て長徳4年(998年)、摂政藤原道長の別荘「宇治殿」となったものである。道長は万寿4年(1027年)に没し、その子の関白藤原頼通は永承7年(1052年)、宇治殿を寺院に改めた。これが平等院の始まりである。開山(初代執印)は小野道風の孫にあたり、園城寺長吏を務めた明尊である。創建時の本堂は、鳳凰堂の北方、宇治川の岸辺近くにあり大日如来を本尊としていたが、翌天喜元年1053年)には、西方極楽浄土をこの世に出現させたような阿弥陀堂(現・鳳凰堂)が建立された。
平等院は父(道長)偲んで法成寺を範となった寺院でもあり世界遺産にも登録されている、仏師定朝(平安時代後期多)によってくの仏像に影響を与えた又10円玉や1万円札(裏面)でお馴染みの有難い寺院でもあり法成寺(廃絶)を想い興せる。
 
法成寺は寝殿造のような構造で池も ある。まず東の五大堂から入り、東橋を渡って中島、西橋を渡り、西の阿弥陀堂に入る。釈迦の涅槃絵と同じように、頭北面西に寝る。九体の阿弥陀の手から九本の糸を引き、 それを握りしめ、西方浄土を願いつつ往生した。九体の九は九つの世界の意、 南北朝初期にたびたび災難にあい、廃絶する現在は、石標が残るただし東北院(左京区浄土寺)のみあり。
[PR]
# by ryukaze | 2016-01-28 13:17 | 旅行地域

宇治・平等院

d0040717_238395.jpg


d0040717_2310413.jpg


d0040717_23111999.jpg


d0040717_23123238.jpg


平安時代の貴族が建立した寺院が建物、仏像、壁画、庭園まで含めて残存するという点で、平等院は唯一の史跡である。
宇治川の西岸にあった源重信の別荘をその夫人から藤原道長が譲り受け、その子頼通が永承7年(1052年)、寺に改めたもの創建時の本堂は、鳳凰堂の北方、宇治川の岸辺近くにあり大日如来を本尊としていた。翌天喜元年(1053年)には、西方極楽浄土をこの世に出現させたような阿弥陀堂(現・鳳凰堂)が建立された。
[PR]
# by ryukaze | 2016-01-27 12:02